New!SELECT-HOUSEが出来るまで

上棟~金物編

土台敷き込み前に基礎パッキンここでは気密パッキンを使います。


土台の敷き込みこの後アンカーボルトナット締めを行い上棟準備完了です。


工場でカットした柱材をクレーンで持ち上げている時の様子です。


2F柱・梁工事中


小屋組み・屋根垂木工事中


屋根下地(野地)工事中

上棟立ち上げまで、1日で安全に完了しました。


ホールダウン金物と土台火打ち

木造で床組みや小屋組みで、地震や台風時に発生する水平力による変形を、防止するために設ける斜材で、1階の床に設けるものを火打土台と言います。


ホールダウン金物 基礎立上りコンクリートより立上げて柱へ緊結する。(土台からの柱の引抜けを防ぐ)

アンカーボルト 基礎と土台を緊結する。


火打ち 土台、梁、桁のコーナー部がしっかり固定されるように、斜めに取り付ける補強材です。(1階床に設け物を、火打土台といい、小屋に設ける物を火打梁と言います。)


プレート金物 山形プレート、フラットプレート等土台と柱、柱と横架材の接合に使用します。(柱の引き抜けを防止します)横架材相互の接合に使用します。(梁せい、300m/m以上には2枚取付けとしています。)


プレート金物 山形プレート、フラットプレート等土台と柱、柱と横架材の接合に使用します。(柱の引き抜けを防止します)横架材相互の接合に使用します。(梁せい、300m/m以上には2枚取付けとしています。)


筋交い金物とは水平力に抵抗するための補強材である筋交いの接合部に取り付けられる接合金物のこと。

木造軸組工法(在来工法)の住宅では地震などの水平力に抵抗する補強材として筋交いを使用します。ですがもし筋交いが外れてしまっては意味がありません。

そこで左記の写真のような筋交い金物を使用して、筋交いの接合部をより強力に固定しておくことが重要になります。


小屋組み

束立て:母屋や棟木を受ける材料で910m/m間隔に取り付けます。梁と束はカスガイで取り付けます。

母屋・棟木:束の上に渡す材料で継手部分は釘やカスガイなどの補強材で接合します。

野地板:屋根となる部分全体に構造用合板12.5m/mを敷き並べます。釘でタル木に打ち付けます。


小屋組み

束立て:母屋や棟木を受ける材料で910m/m間隔に取り付けます。梁と束はカスガイで取り付けます。

母屋・棟木:束の上に渡す材料で継手部分は釘やカスガイなどの補強材で接合します。

野地板:屋根となる部分全体に構造用合板12.5m/mを敷き並べます。釘でタル木に打ち付けます。


このページの一番上へ