New!SELECT-HOUSEが出来るまで

外壁下地~内外部防蟻処理編

耐力壁工事:内部耐力壁(筋交)取付。

筋交とは、柱と柱の間に斜めに入れて建築物の構造を補強する部材です。

写真には、クロス(たすき掛け)になっていますが、斜め一本の場合もあります。


筋交の上下を金物で柱と固定します。


外壁下地工事:外周部耐力面材取付。

施工に用いる釘 N50またはCN50

釘打ち間隔 外周 100mm 中通 200mm


外壁下地工事:外周部耐力面材に打ち過ぎず、打ち損じのないように釘打ちする。


外壁下地工事:外周部耐力面材、妻部分も同様に釘打ちする。


防蟻処理:内部処理材(ハチクサン)塗布の様子。


防蟻処理:内部土台、柱、間柱、外周部耐力面材に土台下端より1000mm、GLより1400mmの高さまで塗布した様子。


防蟻処理:ユニットバス周囲の柱、間柱等は、梁下迄塗布する。


防蟻処理:外周耐力面材塗布の様子。GLより1400mmまで塗布。

このページの一番上へ