New!SELECT-HOUSEが出来るまで

吹付断熱編

現地入り機材

工事車両 2t車です。

アクアフォームは、水を使って現場で発泡させます。


施工前養生

施工前にしっかりと窓・床の養生をします。


施工前

大屋根に通気層

通気スペーサー

AQUAIR

垂木間にはめ込み、タッカー留め、確実に通気層(約30mm)確保することができます。


施工後

屋根部厚み160mm(F35仕様)


施工前

下屋も同様に通気スペーサーを施工


下屋施工後

屋根部厚み160mm(F35仕様)


施工中 屋根

住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう現場吹付発泡による断熱工事です。

屋根部厚み160mm(F35仕様)


施工中 壁

壁に吹付中です。

アクアフォームは構造体に隙間を作らない為壁内結露が発生しにくい安心な断熱材です。

壁部厚み75mm


施工中 バルコニー下部

バルコニーが室内にかかるときは、天井部にも吹付ます。


施工後 基礎

外周部すべて基礎の立上り、折り返し1mまで、厚み60mmで吹付ます。


施工後 全景 1F

吹付後、アクアフォームの厚みを調整をします。

厚いとそぎ落とし、薄いと補修スプレーで打ち増しをして調整します。


施工後 全景 2F

吹付後、アクアフォームの厚みを調整をします。

この時調整したゴミと養生を剥がして清掃します。

このページの一番上へ